【特報】ファーウェイという会社www

Sponsered Link

僕の初任給5万円www
300px-Huawei_svg

厚生労働省の賃金構造基本統計調査による

2016年の大卒初任給の平均は約20万円
同社の初任給は通常の2倍以上、ということになる。
ネットでは6月30日ごろから、「ファーウェイの求人すごいね」と話題になっているwww

「こりゃ優秀な人はじゃんじゃん流れていっちゃうよね」
「年収500越えるじゃん。普通に就職したすぎる」

日本企業と比較する声も上がっていた。
何があったかというと


「ソニーの今の修士初任給は25万1千円。ファーウェイ43万。残業代も出るし、年収で倍以上違うよこれ。数年前、ファーウェイの横浜の研究所の求人出てたけど年俸1200万~だったしそりゃできる奴はそっち行くよね」

リクナビ2018で確認したところ、ソニーの初任給(2016年7月実績)は、大学卒で21万8000円、大学院卒で25万1000円となっている。ファーウェイには倍近い差をつけられている

また、すでに募集は終了してしまっているが、ファーウェイの日本研究所(横浜市)の光学設計エンジニアが年棒1000~1500万円で募集されていたこともある。

6月29日には、同社が日本に大型工場を新設すると報じられたことを受け、「ファーウェイにはぜひ日本工場で社員を直接雇用して派遣請負で安く買い叩いている日経企業をしばき倒していただきたく」と期待する人もいた。www

なんだかすごいことになってきていますね!!

エンジニアのグローバルスタンダードに合わせただけ?

800px-丸の内ファーストスクウェア
本社のある大手町ファーストスクエア↑

なぜファーウェイは初任給をこれほど高く設定しているのだろうか。人材研究所の曽和利光氏は、「学生の内向き志向が影響しているのかもしれない」と語っています。

「日本人の学生には未だにソニーやパナソニックといった日系企業が人気です。海外で働きたくないという人も多いです。そのため優秀な学生を採用するためには、そうした企業よりも初任給を高く設定する必要があるのかもしれません

もしくは「グローバルスタンダードに合わせただけ」という可能性もあるみたいです

シリコンバレーを筆頭に、海外のエンジニアの給与は日本よりも遥かに高いですグローバルスタンダードに合わせて設定したら日本企業よりも高くなってしまっただけという可能性もあると思います」

スマートフォン販売では、米アップル、韓国サムスン電子に次いで世界第3位を誇るファーウェイ。
スマホ販売してるんですねww

年内にも千葉県船橋市に大型工場を新設し、稼働を開始する見込みだ

日経新聞によると、「日本の技術と人材を取り込み、日本や他の先進国で受注を増やす」のが狙いだという。日本での足場を固めるためにも、初任給を高く設定し、優秀な人材の確保

ファーウェイ
Huawei_R&D_mansion
研究開発ビル↑

1987年に携帯電話のインフラ整備に必要な通信機器を開発するベンダーとして中国深圳に設立された

世界有数のICTソリューション・プロバイダー
最近は、SIMフリースマートフォンなど、端末を手がけるまでに急成長を遂げた

起業当初のファーウェイの顧客は中国電信中国移動中国網通中国聯通などの中国企業が中心であったが、2000年代以降はブリティッシュ・テレコムドイツテレコムテレフォニカテリア・ソネラアドバンスト・インフォ・サービスシンガポール・テレコムなどのヨーロッパ東南アジアの大企業向け事業も大きく伸長しており、通信関連機器のシェアはエリクソンに次ぐ世界2位の規模となっている。
(モバイル・ブロードバンド製品、モバイル・ソフトスイッチ、パケットコア製品、光ネットワーク製品では世界シェア1位。現在ファーウェイは300近い通信事業者に製品・ソリューションを提供しており、世界トップ50事業者のうち45社がファーウェイの製品・ソリューションを使用している。)

毎年、売上高の10%以上を継続して研究開発に投資するなど、先端技術開発への投資が旺盛な企業として知られている。

2015年時点で、全従業員数の45%にあたる約79,000人の従業員がR&Dに従事しており、2015年のR&Dへの投資額は合計596億700万人民元(約1兆1,057億985万円)にのぼった。これは、売上高全体の15.1%にあたり、過去10年間のR&Dへの投資額は、累計で2,400億人民元(約4兆4,520億円)を超えている。

2008年に初めて国際特許出願件数世界1位になると、その後は5位以内をキープし続けている

2015年12月31日現在の特許申請数は中国で52,550件、中国国外で30,613件となり、特許取得数はのべ50,377件にのぼる。

ユニークな経営体制である事でも知られており、CEO3人が『輪番制』を取っていて、半年でどんどんCEOを変えていく。

『社員持株制度』があり、10数万人いる社員のうち8万人が株を持っているため、利益が上がると社員の給料も一気に上がるという仕組みになっている。

戦略的にあえて非上場を貫いており、社員の結束も強い。現在は約170カ国に進出しており、各国に研究所を設けている。

簡単に紹介させていただきましたが、超優良企業と言われています。
社員の結束も強いってのはいいことですね!!

スポンサーリンク



Sponsered Link

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!ようこそ! お越しいただきましてありがとうございます! なおと申します!! 独身20歳でございます!! いろんな方と繋がれたらいいなと思いブログをスタートしました! よろしくお願いします!!